• &be公式オンラインショップ

  • TOP
  • 商品一覧
  • ご利用案内
  • カート

お手入れ方法

洗濯について

スクールウエアは、主にウール、綿、ポリエステル、アクリルなどの素材を使用しています。家庭洗濯ができるものとできないものがあります。衣料取扱絵表示を確認しましょう。

正しい知識で制服の洗濯を!

家庭洗濯ができる衣料取扱絵表示

家庭洗濯ができる衣料取扱絵表示 右矢印 家庭洗濯について

家庭洗濯について

洗濯前チェック

洗濯前にスクールウエアのチェックを行えば、ボタンがなくなったり、シミが残ってしまうのを防ぐことができます。

●ポケットの中を空にして、ホコリ等を払い出す。

●ボタンが取れかかったり、ほつれた箇所がないか確認。
→ボタンの取れかけや、ほつれは、洗濯前に直しておかないとボタンがなくなったり、ほつれが広がる原因になります。

●衿がや袖口の汚れが激しい部分は、石けん等であらかじめ部分洗いしておくと汚れが落ちやすくなります。

汚れた衿や袖口はあらかじめ部分洗い

洗い方

<洗濯機で洗う場合>

糸くず等が付着しないよう、できるだけ単独で洗いましょう

●ボタンやファスナーをとめて、形を整えて裏返してネットに入れる。
水温は30℃ぐらいが適当です。
(ウール混の場合は30℃以下にして下さい。)

●洗濯洗剤は、絵表示を確認し、適量を使用。
(塩素系漂白剤は使用しないで下さい。)

●脱水は30秒程度。(長く脱水するとシワがつきやすくなります。)

<手洗いの場合>

洗濯物同士がこすれて、生地が痛むのを防ぐためと、糸くず等が付着しないよう、できるだけ単独で洗いましょう。

●ボタンやファスナーを止めて、形を整える。

●水温は30℃ぐらいが適当です。
(ウール混の場合は30℃以下にして下さい。)

●ゆっくりていねいに押し洗い。
(もみ洗いや生地同士をこすり合わせる洗い方は、縮みの原因になる場合がありますので避けてください。)

●脱水も、押し洗いの要領で、ゆっくり押しながら。
(生地をねじって 脱水すると生地が痛みやすく、シワがつきやすくなるので注意。)

ネットに入れて洗濯機で洗う

洗剤について

一般に市販されている衣料用洗濯洗剤には大きく分けて2種類のものがあります。

一般的な衣料用洗剤、石けん = アルカリ性
(市販商品名:アリエール、アタック、トップ等)

ウール・おしゃれ着用洗剤、ドライマーク衣料用洗剤 = 中性
(市販商品名:エマール、ソフラン、モノゲン、アクロン等)

ウールはアルカリに弱いので、ウール混のスクールウエアを洗濯する場合は、ウール・おしゃれ着洗いなどと表示された中性洗剤を使用しましょう。塩素系漂白剤の使用は色あせの原因になるので、使用けは避て下さい。

マメ知識

一般的な衣料用洗剤には、生地をより白く洗い上げる蛍光増白剤が含まれているものがあります。これは、真っ白なシャツ、ブラウスにはいいのですが、生成りや色柄ものには不向きで、色があせたようになる場合があります。濃い色のものが多いスクールウエアには、『蛍光増白剤無配合』と表示された洗剤を使用すると、色が長持ちします。

衣料用洗剤の配合成分

干し方

どのアイテムでも、脱水後はシワを伸ばし、形を整えて自然乾燥が基本です。直射日光は、色あせや黄ばみの原因になりますので、できるだけ避けることをおすすめします。アイテムによって、干し方と干す場所が違いますので、衣料取扱絵表示を確認して下さい。

干し方と干す場所

  • つり干し
    ハンガー等に掛けて日なたに干す
  • 日陰でのつり干し
    ハンガー等に掛けて風通しの良い日陰に干す
  • 平干し
    平らなところに広げて日なたに干す
  • 日陰での平干し
    平らなところに広げて風通しの良い日陰に干す

どのアイテムでも、脱水後はシワを伸ばし、形を整えて自然乾燥が基本です。直射日光は、色あせや黄ばみの原因になりますので、できるだけ避けることをおすすめします。アイテムによって、干し方と干す場所が違いますので、衣料取扱絵表示を確認して下さい。

商品カテゴリ